ベランダでガーデニングをするときの土づくり

野菜を育ててみましょう

ベランダの空いているスペースを利用して、野菜作りをしてみませんか?
初心者でも簡単な知識を覚えるだけで、立派な野菜を実らせることができますよ。
人気が高く初心者でも失敗の少ないトマトの育て方を例にしながら、紹介したいと思います。
他の野菜を育てたいと考えたときには、応用することができます。
今回は種からではなく、苗から育てる方法になります。
種からだと、難易度も上がりますし失敗もする可能性もありますので、慣れていない人は苗からスタートしましょう。
まずは、苗を植えましょう。トマトの場合には、苗を4〜5月頃に植えます。
苗を購入する時も、個体差があるので幹が太く、葉の色が綺麗なものを選ぶと良いでしょう。
できるだけ苗は、その日のうちに植え付けをしたいので、時間に余裕を持って購入しに行くのがオススメです。
初めのうちは、時間がかかってしまったり、必要な物が足りない場合もありますので。
植えつけの時も、間隔などに注意をしながら、大きくなた時のことを考えて植えましょう。植えすぎると、葉が重なったりして日照不足になってしまうこともあります。
綺麗に植え付けができたら、たっぷりと水をあげて、当日は、なるべく日陰に置くようにするとよいでしょう。
世話のしかたとしては、背丈に合わせた支柱で支えてあげることや、余分なわき芽を摘み取ってあげましょう。
多くの実を実らせるためには、伸びすぎないように背丈を調整し、十分な肥料を与えることが大切です。
7月頃に収穫時期を迎えますので、赤くなって食べごろの物から収穫しましょう。
上手に育てることができれば、食べきれない程の量が実ることもあります。

メニュー

最新記事